本当に頭に来る「昼顔」「不倫」ブームを目の辺りにして

この間、久々に外に出れる精神状態になったので池袋の喫茶店でコーヒーを飲みに行った。復讐と言う二文字から開放されて久々のリフレッシュだ。こんな開放的な精神状態になれたのは本当に久々だった。

東口の小さな喫茶店に入った俺は直ぐに定員にアイスコーヒーを注文し、アイパットでYOUTUBEの動画を漁っていた。すると隣にOLと思われる女二人組みが着席した。なんだかこの瞬間に嫌な予感はしたのだ。

派手なメイクに派手なファッション。最も俺が嫌いな部類の人種である。直ぐにガールズトークは始まった。初めから男の話になる。もう俺は冷や汗が出てきて、直ぐにアイスコーヒーを飲み干してしまう。そして再度おかわりアイスコーヒー。クソッ!無駄遣いさせやがって。

そう思いながら女の話をスルーしようとすればする程に聞き耳を立ててしまう俺の嫌な性格。

すると俺の精神を揺さぶる単語が女から飛び出してきた。「昼顔」である。何やら女はお互いに不倫セックスをしているらしい。それがとてつもなく興奮してたまらないと言っている。俺の精神は直ぐに躁鬱モードに入ってしまった。

折角の休日を俺の敵が攻撃してきたのだ。しかも話はかなり生々しい。不倫男と久々にあったらいきなり押し倒された。しかし男の股間は明らかに妻のマン汁の匂いがするなど。。。本当にここは監獄かと思う程の居心地の悪さだった。

こんな話を聞かされに俺は池袋まで遠征したのかと思うと涙が出てきた。流石に、彼女達に「ばかやろう!」「うるせえ馬鹿女!」などと罵倒出来るはずもなく俺はアイスコーヒーを飲み続けていた。

喫茶店は公共の場であるから犯罪行為を自慢するべきでは無いと俺は思った。可能であれば彼女達を捕まえて法の裁きを受けさせたい。こう思った。だってあの女達がやっている事は完全に犯罪なのだから。

犯罪者が喫茶店でコーヒーを飲むなんて許される行為ではない。黙っているか外に出て不倫話はするべきだろう。世の中のモラルは確実に低下しているなと実感したぞ。

やはり不倫や浮気への復讐は絶対に達成しなければならない事だと確信した日になった。家に帰って直ぐに安定剤を飲んだのは言うまでも無い。彼女達に出来れば復讐したいとまで俺は考えている。