浮気・不倫の原因となりやすいサイトとは

浮気や不倫は男と女が地球上にいる限りなくらない。それは私も心の中では納得する部分もあるが、やられた側からしてみると、だから何だ?ルールは無視して良いのか?動物みたいに生きたヤツの勝ちな世界なのか?心の中では分っている部分もあるのだが、私も人間だから許せないし憎いのだ。

私は自分が裏切られた経験を元に数年前から、浮気や不倫をされた人から、現在浮気や不倫をしてしまっている人達の相談を受ける活動をしている。そのカウンセリング件数は現在500件を超えてきた。

そのカウンセリングした人達の話から、面白いデータが取れたので今回紹介したいと思う。

面白いデータとは、浮気や不倫のきっかけとなったのがインターネットサイトで、そのサイトの種類やサイト名が驚くほど他の人と被っているというデータだ。具体的に最も多かったサイトのジャンルとサイト名を挙げてみよう。

テレクラやツーショットダイヤル系サイト
浮気や不倫に走る年齢層は比較的高い。30代後半からグッと上昇してきて上は50代の方もかなり多い。そういった人達にとって、テレクラやツーショットダイヤルは、ある種の青春やバブルを思い出させてくれるコンテンツとなっている様だ。旦那や妻が相手にしてくれなくなると、「もう一回恋してみたい」「楽しかったあの時代に戻りたい」と思いこれらのサイトを利用してしまう様だ。

私がカウンセリングしている相談者の中にツーショットダイヤルやテレクラを利用している方は、何と約70人もいました。

アシュレイ・マディソン
最近になって日本に上陸した不倫相手を探す専用SNSだ。海外では既に有名になっている様で、多くの不倫や浮気願望のある男女から指示されている様だ。日本でもTVや雑誌などで大々的に取り上げられていたのでご存知の方も多いと思う。私もさすがに気になったので登録だけしてみたが、SNSと言うより出会い系掲示板に近いなと思った。

私の相談者の中にアシュレイ・マディソンの利用者の方は約50人程度いました。

facebookとTwitter
最後に多かったのがSNSやソーシャルの代表的サイトと言えるfacebookとtwitterでした。その数は約40人。これらのツールを使って不倫や浮気に走る人の特徴として、最初は自信の趣味、料理や旅行の写真をアップロードして反応を楽しむ程度の方が殆ど。しかし、徐々にレスメッセージを貰うと嬉しくなって、その人とリアルで出会いそこから浮気や不倫に走るパターンが非常に多かったですね。

最後に、今ではスマートフォンの普及で、いつでもどこでも気軽にインターネットを手軽に利用する事が出来ます。そしてインターネットの最大の面白さは人々とのコミュニケーションであることは明確です。

インターネット上での他人との会話は基本的に盛り上がって楽しい時間を過ごせます。それは何でだか分りますか?自分で会話したい内容を選んでいるからなのです。チャットするにもまずは自分に合っているチャットスペースを探しますよね?楽しいだけでは人間は共存できません。もしその人とノリで浮気や不倫するのだけは、絶対に止めるべきです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ