糞嫁に対しての「復讐」の誓いを改めて

怒りで全身が震える。

皆さんはこんな経験をしたことがあるだろうか?恐らく、手が震える程度の怒りレベルの経験は誰もが経験済みだろうが、全身レベルとなると、その経験者はかなり限られているだろう。

まさか、結婚という儀式を済ませ、そのパートナーからその全身レベルの怒りを経験するとは思わなかった。

俺の人生において最強に最悪な経験だ。

糞嫁に裏切られ、不倫(浮気)されていた。俺は間男という存在に嫁を寝取られたのだ。今日は久々に体調が良い。本来なら、こんな記事を書いている瞬間に躁鬱状態になり数週間~数ヶ月は躁鬱モードになるのだが、今日は大丈夫なので書きたい。

俺がこのブログを立ち上げたのは糞嫁に対する「復讐」である。

俺は糞嫁に精神も肉体もボロボロにされ、仕事も出来ない体となった。精神病になり、毎月のように大量の抗精神病薬を大病院に貰いに行く。

ハッキリ行って俺の体は崩壊している。もしかすれば余命すらそう長くはないかもしれない。全ての原因は糞嫁にある。しかし、糞嫁は俺から逃げるように去っただけで、特に社会的な制裁を受けていない。

俺は糞嫁に復讐をする為に今生きている。これは昔から言っている事であり、弁護士なども用意して現在進行形でその計画は進んでいる。

正直な所、この復讐の計画はまだ達成されていない。何故かと言えば、俺の糞嫁に対する社会的な制裁のレベルが弁護士にとっては少し難しいミッションになるらしいからだ。苛立たしいが、相手は法律のプロなので任せるしかない部分もある。

本当に日本の浮気・不倫に関する法律というのはレベルが低い。浮気や不倫は凶悪な犯罪行為ではないのだろうか?俺の精神も体も崩壊させる破壊力がある行為なのに、それを罰する法律がない。おれは日本人に生まれてきた事を公開している。

イスラム国は女の浮気や不倫に死刑を適用するが、俺は正しい判断だと思う。

人を裏切った場合は「死」で償う。素晴らしいと俺は思う。

俺は間違っても法律に反する事はしない。糞嫁には日本の法律内で極限の威力のある「復讐」を行う。俺はその準備の為に限りある時間を全て使っている。

意味不明な呟きになってしまったが、今回は改めて俺の意思の強さを表したつもりだ。